パスカル・プザドゥー インタビュー / Interview de Pascale Pouzadoux

フランス語インタビュー(映画監督)

パスカル・プザドゥー インタビュー / Interview de Pascale Pouzadoux

女優としても活躍している、パスカル・プザドゥー監督に、『92歳のパリジェンヌ』の劇中に流れる印象的な曲について伺いました。
ジルベール・ベコーの「そして今は」が入院中の高齢者が繊細な会話をしているシーンで使われています。あまりにもシーンにぴったりあっていて心を打たれます。

Maintenant, que vais-je faire 今となってはどうしたらいいんだ
De tout ce temps que sera ma vie この先 僕の長い人生を
De tous ces gens qui m’indiffèrent まわりのどうでもいい人たちを
Maintenant que tu es partie 君が去った今となっては
Toutes ces nuits, pourquoi pour qui 日々訪れる夜は 何のため誰のためなんだ?
Et ce matin qui revient pour rien  そして再び朝が訳もなくやってくる
Ce coeur qui bat pour qui pour quoi  この心は誰のため 何のために鼓動しているんだ?
Qui bat trop fort, trop fort あまりも激しく 激しく動いている


 

パスカル・プザドゥーのプロフィール

パスカル・プザドゥー
1966年4月19日フランス、サン=マンデ生まれ。父親は写真家、母親は教師。
女優としてキャリアをスタートさせ、パトリス・ルコント監督作『タンゴ』(92)やクロード・ルルーシュ監督作『レ・ミゼラブル』(95)などに出演。
1994年に短編『Grand brun aux yeux doux』で監督デビュー。2003年にジャン・デュジャルダン、アントワーヌ・デュレリ出演の長編映画『Toutes les filles sont folles』を発表。その他、ソフィー・マルソー、ダニー・ブーンらが出演した『De l'autre côté du lit』(08)、シャルロット・ドゥ・トゥルケイム、リーヌ・ルノー、マリルー・ベリらが出演した『La croisière』(11)などがある。
 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.