フランス語インタビュー(映画監督)

Julie Lopes-Curval /ジュリー・ロペス=クルヴァル

ムービをご覧になるにはFlash Playerが必要です

『隠された日記-母たち、娘たち-』のジュリー・ロペス=クルヴァル監督の単独インタビューです。

<プロフィール>
1972年生まれ。大学の造形美術部で写真を学んだ後、Florent演劇学校に入学。その後、舞台やArteのテレビ番組などの脚本、演出を務める。
2002年、初の長編作品『Bord de mer (海のほとり)』はカンヌ映画祭のカメラドール賞に輝く。03年、共同脚本をしたフランソワ・ファヴラ監督の『 Le rôle de sa vie (彼女の人生の役割)』で、第28回モントリオール世界映画祭最優秀脚本賞を受賞。また、06年には、マリオン・コティヤール、ジュリー・ドゥパルデュを起用し、監督、脚本を手掛けた2本目の長編作品、『Toi et moi (正しい恋愛小説の作り方) 』(06)を発表。

 

ビデオメッセージ単語
impressionné 〜に強い印象を受けた、の心を打れた
cuisinier 料理人
manière de+inf. 〜するやり方
couper (v,t) 〜を切る
poisson (m)
délicat 繊細な
au-delà 〜以上に、〜を超えて
choisir sa vie 人生の選択
liberté (f) 自由
égalité (f) 平等
réalisatrice 女監督
par rapport à 〜に関して
banal 平凡な、月並みな
parité (f) 平等
du coup そのため、その結果
s'interroger sur 自問する、考える
évolution (f) 進化
élever (v.t) 〜を育てる
se rendre compte 〜に気づく、〜がわかる
résonance (f) 反響
peintre 画家
métier (m) 職業
passion 情熱、熱情
rapport (m) 関係
souffrir de つらい思いをする、〜を苦しむ
auprès de 〜のそばに
être heureux (se) de 〜で嬉しい、喜んでいる
sacrifier (v.t) 〜を犠牲にする
éducation (f) 教育
vachement 《話》すごく,とても
goûter (m) おやつ
auteur 作者
sous-titre (m) 字幕
 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.