フランス映画情報

フランス映画 Le Héros de la Famille / 輝ける女たち

フランス映画祭2007上映作品
(C) 2006 SBS FILMS EDELWEISS SRL FRANCE 2 CINEMA

4月14(土) Bunkamuraル・シネマほかにて全国ロードショー
(C)2006−SBS FILMS−EDELWEISS PRODUCTION SRL−FRANCE 2 CINEMA

Distribution / 配給 ムービーアイ
4月14日より、Bunkamura 他にて全国ロードショー

http://www.kagayakeru-movie.com/

Durée /103分   2006年フランス映画

カトリーヌ・ドヌーヴさんのビデオメッセージ
ジェラルディン・ペラス&クリストファー・トンプソン夫妻のビデオメッセージ

2007年フランス映画祭オープニング作品
豪華キャストで贈る極上のヒューマンドラマ

Synopsis / シノプシス

ニースにあるキャバレー"青いオウム"のオーナーであるガブリエルの突然の死。
彼の遺言により、小さな誤解から疎遠になっていたファミリーが再び集まることに。ガブリエルを父のように慕い、昔一世を風靡したマジシャンのニッキーの予想に反して、"青いオウム"の相続はニッキーではなく、彼の子供たちの手に渡る。そんな"青いオウム"で人気の歌姫レア、かつてニッキーを愛した元妻アリスとシモーヌ。
ガブリエルの死をきっかけに、それぞれが抱く過去の秘密や誤解が明らかとなり、そして自分自身を見つめ直し一歩前に進み出す…。

大スター達が艶やかな歌声を披露。エマニュエル・べアールがIT HAD TO BE(ハリー・コニック・Jr)、TAKING CHANCE ON LOVE(エラ・フィッツジェラルド)、 I'LL CLOSE MY EYES(ダイナ・ワシントン)、そしてカトリーヌ・ドヌーヴがHo Capito Che Ti Amo(ルイジ・テンコ)、ジェラルディン・ぺラスがのLA ROSE(ベット・ミドラー)などをカバー。彼女らの熱唱が見逃せません。

Réalisation / 監督
・ Thierry Klifa / ティエリー・クリファ

Scénario / 脚本
・ Christopher Thompson / クリストファー・トンプソン
・ Thierry Klifa / ティエリー・クリファ

Interprètes / 出演
・ Catherine Deneuve / カトリーヌ・ドヌーヴ
・ Emmanuelle Béart / エマニュエル・ベアール
・ Gérard Lanvin / ジェラール・ランヴァン
・ Géraldine Pailhas / ジェラルディン・ペラス

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.