フランス映画情報

フランス映画  36 quai des orfèvres / あるいは裏切りという名の犬


(c)アスミック・エース エンタテインメント 映画宣伝グループ

Distribution / 配給
アスミック・エース
12月16日公開
銀座テアトルシネマ ほか全国ロードショー

http://www.eiga.com/official/aruinu/

Durée / 110 分
2004年フランス映画 

『あるいは裏切りという名の犬』試写会プレゼントへ、すご〜く沢山のご応募を頂き有り難う御座いました。当選発表は試写会状の発送をもって換えさせて頂きます。

オリヴィエ・マルシャル監督のメッセージ
アンヌ・コンシニさんのビデオメッセージ

実話に基づく、激しくも切ない運命の物語

第30回セザール賞で8部門にノミネートされ、ロバート・デ・ニーロ制作でハリウッドリメイクが決定。

Synopsis / シノプシス

パリ警視庁。仲間からの信頼厚く正義漢のレオ・ヴリングスと、野心家で利己的なドニ・クラン。かつて親友だった二人の警視は、同じ女性を愛し奪い合った過去を持ち、今は次期長官の座を競うライバル関係にある。多発する現金輸送車強奪事件の犯人逮捕を巡り、レオに手柄を奪われたドニは、ある殺人事件へのレオの関与を密告する。ドニの裏切りで、すべてを奪われ投獄されたレオを、さらに愛する妻の死という悲劇が襲う——。

7年後、出所したレオは妻の死の真実を知り、長官に出世したドニの元へ向かう。

そして再会した宿命の二人は、遂に決着の時を迎える・・・。

元警官のオリヴィエ・マルシャル監督が実話を基に映画化。フランス2大スター、ダニエル・オートゥイユとジェラール・ドパルデュー主演による、心に深く刻まれる感動のサスペンスストーリーです。
とてもsympaなオリヴィエ・マルシャル監督とアンヌ・コンシニさんの独占インタビューも必見で〜す!

Réalisation et  Scénario / 監督&脚本
・ Olivier Marchal / オリヴィエ・マルシャル

Interprètes / 出演 
・ Daniel Auteuil / ダニエル・オートゥイユ
・ Gérard Depardieu /ジェラール・ドパルデュー 
・ André Dussollier / アンドレ・デュソリエ
・ Roschdy Zem / ロシュディ・ゼム
・ Daniel Duval / ダニエル・デュヴァル
・ Valeria Golino/ヴァレリア・ゴリノ
・ Anne Consigny / アンヌ・コンシニ

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.