フランス語インタビュー(映画監督)

アンヌ・フォンテーヌ監督インタビュー / Interview d'Anne Fontaine

『ボヴァリー夫人とパン屋』『ココ・アヴァン・シャネル』のアンヌ・フォンテーヌ監督のフランス映画祭2015で来日の際のインタビュー映像です。

アンヌ・フォンテーヌ監督に映画家になったきっかけや、オフ時間の過ごし方や、『ボヴァリー夫人とパン屋』の制作の経緯などをうかがいました。
もちろん、フランス語を学ばれている日本の学習者へのメッセージもいただいてます!

 

アンヌ・フォンテーヌのプロフィール

アンヌ・フォンテーヌ

1959年7月15日、ルクセンブルク生まれ。
父は音楽家、弟は俳優という芸術一家に生まれる。通っていたバレエ教室で、16歳の頃にある映画・舞台監督にスカウトされ、女優としてデビューし、テレビ、映画、舞台に出演するが、女優業にはあまり惹かれず、映画家の道へと進む。そして、93年にカンヌ国際映画祭批評家週間で上映された「Les histoires d'amour finissent mal... en général」で監督デビューを果たす。『おとぼけオーギュスタン』(95)『ドライ・クリーニング』(97)で頭角を現し、オドレイ・トトゥを迎えた『ココ・アヴァン・シャネル』(09)はアカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされた。

 

 

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.