フランス語インタビュー(映画監督)

映画『愛について、ある土曜日の面会室』レア・フェネール監督 インタビュー / L'interview de Léa Fehner, réalisatrice du film "Qu'un seul tienne et les autres suivront"

フランス映画『愛について、ある土曜日の面会室』レア・フェネール監督のインタビュー です。
映画『愛について、ある土曜日の面会室』はフランス映画祭2012で上映され、20th アニバーサリーを飾るフランス注目の女流監督としてレア・フェネール監督が来日しました。
本作はある土曜日の刑務所の面会室を舞台に繰り広げられる「身代わり脱獄」など絡み合う3つの物語です。
レア・フェネール監督に、フランスで実際に起きた奇妙な脱獄事件や、オフ時間の過ごし方について伺いました。
もちろん、フランス語学習者の皆さんへの応援メッセージも頂いてます!!!

レア・フェネールのプロフィール

1981年フランス、トゥールーズ生まれ。移動劇団の家に生まれ、ベルギーのINSAS(国立視覚芸術高等学院)で学んだ後、フランスに戻りFEMIS(フランス国立映画学校)を卒業。
その後、4本の短編劇映画を監督を監督し注目を集めると同時に、アジアを代表するドキュメンタリー作家であるカンボジアのリティー・パニュのもとではドキュメンタリー制作についても学ぶ。
長編初監督作品である本作は、ヴェネチア国際映画祭でヴェニス・デイズのワールドプレミア後、ルイ・デリュック賞の新人監督賞を受賞するなど世界中から称賛を受け、いま将来が最も有望される若手監督。

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.